« 甲山の猛虎 | トップページ | 笹の才蔵 »

2011年2月 7日 (月)

知るという事

どうも高橋です☆

ネットが普及している昨今、わからない事があっても調べればすぐにわかりますよね。

それは大変ありがたい事で、物事を知る事に直結しているように思えますが、はたして本当にそうなのか・・・そんな疑問にふとぶつかる事があります。

「知る」という事は、一体どういう事なのでしょう。

 

例えばカブトムシの事が知りたい場合、カブトムシで検索をかければすぐに画像や詳しい説明を見る事ができます。

人昔前ならどうでしょう。

まずはまわりの大人に聞くかもしれません。それから図書館や本屋さんに行って、図鑑なんかで調べるかもしれません。あるいは実際に捕まえにいって、直に観察する事もあるでしょう。

それにはすごい手間と時間がかかります。

なのに実際に得たカブトムシへの知識は、ネットで得た知識に劣るものであるかもしれません。

けれども自分の足で調べた時の方が、なんだか知識に「重み」があるような気がしませんか?

この「重み」の中に、「知る」という事の意味をひもとくカギがあるような気がします。

では、この「重み」とは一体なんなのか?

 

ネットの良い所は、知りたい知識だけを選んで仕入れる事ができる所にあると思います。

ですがそうして覚えた事は、わりとすぐに忘れてしまう事が多くありませんか?

それはきっと、その知識が「他の知識と繋がりにくい」からではないかと思います。

 

物事には、必ず何かしらのつながりがあります。

例えば「宇宙」と「亀」という二つのキーワードがあるとします。

「亀」という言葉から連想ゲームを始めていった時、誰がやっても必ずいつかは「宇宙」という言葉にたどり着くと思います。

ですがこの連想ゲームをした時、実体験の伴っていないキーワードは出てきにくい・・・という事はありませんか?

実体験は全て連続して起こっている事象なので連想しやすいのですが、実体験の伴わない知識はどこかぶつぎりになっていて、思い出しにくい・・・という事なのかもしれません。

 

少年はいつしか大人になり、カブトムシの知識を思い出します。

おばあちゃんにカブトムシの事を聞きにいった時、でっかいスイカきってくれたっけ・・・いっぱい食べ過ぎておなか壊しちゃったもんなぁ。

 

本屋さんで図鑑を立ち読みしてたら、お店のおじちゃんがイスをもってきてくれたけど、なんだか恥ずかしくて、すぐにお店を飛びだしちゃって悪い事したなぁ。

 

裏山にカブトムシをとりにいったら、たくさんスズメバチがいて怖かった。

 

でも一匹捕まえる事ができたよな。ちっちゃいヤツだけど・・・

 

カブトムシ、夏休みが終わる前に死んじゃって、すっごい泣いたっけ。

 

俺がもっとちゃんと面倒みてやれば良かった。ゴメンな、カブトムシ。

 

翻って考えてみれば、この「重さ」とは、一見無駄にも思える行動の数々であり、知識と知識を繋げる接着剤のようなものではないでしょうか。

自分の知識につながりを与えていく事こそが「知る」という事であり、もしかするとその接着剤の部分こそが、実は本当に知識と呼ぶべきものなのかもしれません。

つまり何が言いたいかというと、漫☆画太郎先生の描く女の子は、すっごい可愛い。

そういう事です。

|

« 甲山の猛虎 | トップページ | 笹の才蔵 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

どういうこと

投稿: おすぎ | 2011年2月 7日 (月) 07時41分

そういう事です

投稿: 高橋祐 | 2011年2月 7日 (月) 17時18分

あなたがきっと、素晴らしい今日を送れますように☆

投稿: 伊達臣人 | 2011年2月13日 (日) 22時51分

うおっ!男塾元一号生筆頭!
こんな事絶対言わない人w

投稿: 高橋祐 | 2011年2月14日 (月) 00時55分

ネットの普及における隠された(?)不幸といったところですね(・ω・)

有名大学に合格したーっていうのも、同じ立場になった人間にしかその苦労やら凄さというのは理解できないわけで。

だからFFⅤでジョブマスターにした! って言われてもその凄さが一般人にはわからないわけで。

!りょうてもち
!にとうりゅう

てやっても意味ないわけですな
ヾ(_ _*)ハンセイ・・

投稿: タクヒ | 2011年2月21日 (月) 22時38分

いや、別にどこから知識を得ようがかまわないんですけど、なにかにつけてウィキから転載してる人が多いので、なんだかなあ・・・と。

せめて自分なりに解釈して自分の言葉におきかえようよ、とか思うわけですよ。

数学とかもそうなんですけど、公式を丸暗記するんじゃなくて、なぜその公式になるのか理解できると、数学をもっと好きになれると思うんですけどねぇ;;

要するに、二刀流+両手持ちは無理って気づけば、二刀流+乱れ撃ちでいいじゃん!って気づくってお話ですなw

投稿: 高橋祐 | 2011年2月22日 (火) 06時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1379446/38769481

この記事へのトラックバック一覧です: 知るという事:

« 甲山の猛虎 | トップページ | 笹の才蔵 »