« 笹の才蔵 | トップページ | 428 »

2011年3月17日 (木)

震災

ご無沙汰いたしております。高橋です。

 

この度の震災で被害にあわれた方々に、心よりお見舞い申しあげます。

報道などでしかその一端を垣間見る事しかできませんが、その被害は甚大で、ここ、遠い九州にいても恐怖と不安を覚えます。

 

連日、テレビではどの局でも報道一色でした。

が、そんな中、バラエティ番組を流す番組があり、不謹慎だという声もあがったようですが、こんな時だからこそ・・・という思いも、少し頭をよぎりました。

報道そっちのけというのは論外ですが、今、日本全体を覆う不安や恐怖を、少しでもやわらげる役割というのも、少なからず必要なのかもしれないな・・・と。

当然現地への物資の援助が最優先ですが、そういう意味では、「漫画」という娯楽で少しでも日本を明るくする事が、「今自分がやるべき事」なのかもしれないと思いました。

被災された方々が、早く笑顔を取り戻せる日が来るよう願いつつ、少しでもその助けとなれるよう頑張りたいと思います。

|

« 笹の才蔵 | トップページ | 428 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。

東日本地震、衝撃的過ぎでした。

テレビで見た惨状は、とても同じ日本で今現在起きていることとは思えないくらい非現実的な現実です。

そんな中、娯楽を求め、提供することは確かに不謹慎かもしれません。

しかし私はある程度の娯楽は必要だと思います。それは歌だったり、お笑いだったり、読み物だったり。

ほんの少しでも心を和らげるモノであれば、私はそれは不謹慎とは思いません。

・・・・すみません。ここで言うことではありませんでしたね。

私は、先生が提供してくれる「娯楽」を楽しみに待ってますよ。

投稿: ACU | 2011年3月18日 (金) 00時14分

そうですね。

今私たちが暗い気持ちでいるだけでは何も意味は無いですからね。

誰かに笑顔になってもらいたいという根本に立ち返り、創作活動をしていきたいと思ってます。

投稿: 高橋祐 | 2011年3月18日 (金) 15時11分

ご無沙汰しております。御心配頂きありがとうございました。
こういう不幸な事態であっても、いやだからこそ娯楽が必要、ACUさん共々全くもって同意であります。
被災民としても、被災されてない人々が委縮して自重した所で、何の腹の足しにもなりませんし。
むしろ、こういう時だからこそ、努めて日常を謳歌してほしいです。
(東北地方の景気的にも・・)

私は漫画読むのが大好きで、その漫画を作ってくれる方々も大好きです。
それは平時でも非常時でも、同じです。
高橋先生の漫画も、密かに楽しみにしております。

投稿: 黒きオーラ | 2011年3月19日 (土) 22時26分

良かった!!

被災地の状況を考えると手放しには喜べませんが、本当にうれしいです!

そしてこのオーラさんの力強いコメントに、とても励まされました。
本当はこちらが励まさねばならない立場なのに・・・

これは全て、漫画という形で還元させていただきたいと思います。

報告してくださってありがとうございます!

まだまだ予断を許さない状況ですが、一日でも早く、なにげない幸せな日常が戻るよう願いつつ、私もできる事は精いっぱいやろうと思います。

投稿: 高橋祐 | 2011年3月20日 (日) 10時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1379446/39263184

この記事へのトラックバック一覧です: 震災:

« 笹の才蔵 | トップページ | 428 »