« ぼくがかんがえた以下略5 | トップページ | ぼくがかんがえた以下略7 »

2011年5月 5日 (木)

ぼくがかんがえた以下略6

どうも高橋です☆

さて、皆様もういいんじゃないかと思い始めている事でしょうが、まだ序章です。

ドラクエ5でいったら、まだパパスが死んだ所です。

ていうか私の中のドラクエ5は、パパスが死んだ時点で全てが・・・

・・・パパスーーーーーーっ!!!

まあそれはさておき

Img203

名前、ミスター・ローレン

 

ストーリー

近代兵器の飛び交う戦場を、大盾とトンファーだけで生き延びた伝説の傭兵。

齢65を迎え一戦から退くが、TVスター、チャック・ウィルソン氏が相撲大会で頑張る姿を見て、今一度己の限界へ挑戦してみたくなる。

そんな中、一通の手紙がローレンの元へ届く。

アイアンウルトラグレートボルシチマッチトーナメントへの参加をうながす手紙。

差出人の名前には見覚えがあった。

「ミスター・タイサ・・・」その因縁あさからぬ漢の名をつぶやきながら、老兵は静かにトンファーを握りしめるのであった・・・

 

格闘スタイル

シチリア式棒盾格闘術

 

必殺技

・まだら撃ち(←溜め→P・P・P・P・P)打撃技。

トンファーをうちつける技。タイミングよく入力する事で5ヒットまでつながる。

・プッシングガード(ガード中PP同時押し)

相手を押し返して、強制的に間合いを離す技。

・躊躇無き前進(←溜め→K)特殊移動技。

ガード状態のまま一気に間合いを詰める技。投げられ判定は残る。プッシングガード可。

・大喝(一定時間PP押しっぱなしにしてから離す)

距離に関係なく、相手が地上にいる場合、ガードしていても強制ダウンさせる技。

・無慈悲なる強襲(↓溜め↑PorK)上空へ飛びあがり、画面外から急降下する攻撃。

ボタンによって降下位置変化。ガード不可。上昇しきるまで完全無敵だが、着地に大きなスキができる。ダウンしている相手にもあたる。

・シネマティックトンファー(→\→K)

「メリークリスマス!」の掛け声と同時に、判定の大きな衝撃波を前方~上空に発生させる。

・風林火山(↓/←各種ボタン)特殊パワーアップ。効果は重複しない。

~風(弱P)一定時間移動スピードがあがるが、攻撃力、防御力が0.9倍になる。

~林(弱K)一定時間体力が回復しつづけるが、攻撃力、防御力が0.75倍になる。

~火(強P)一定時間攻撃力が1.5倍になるが、防御力が0,75倍になる。

~山(強K)一定時間防御力が1.5倍になるが、攻撃力が0.75倍になる。

 

超必殺技

・一点突破の極み(↓\→↓\→PP)

長いガード時間のある多段ヒット打撃。Pボタン連打でヒット数アップ。

・絶対防御の極み(←溜め→←PK)特殊パワーアップ

自分が技を出していない状態であれば、前進中でもダッシュ中でもジャンプ中でも、自動でガードするようになる。さらに自動でプッシングガードするようになる。一定時間で効果終了。

・風林火山~陰~迅雷(↓/←↓/←KK)特殊パワーアップ。

残必殺ゲージを全て使用。残ゲージの本数によって効果増減。

1本・攻撃力1・5倍 2本・さらに防御力1・5倍 3本・さらにスピードアップ 4本・さらに体力回復 5本・さらに超必殺技を討ち放題になる。

以上の効果が一定時間続く。 

・マッスルポージング(↓\→スタートボタン)挑発技

次々とマッスルポージングを繰り返す技。一応あたり判定もあるが、ダメージは極小。ローレン使いはこれでトドメをさすのがカリスマ。

 

 

キャラ性能

巨体に似合わず、キャラスピードは早い部類に入る。防御面で優秀な技がそろっているので、相手の攻めから反撃に転じる戦い方が有効。

各種パワーアップ技を駆使すれば、ガン攻めスタイルでもいけるので、意外にマルチなキャラだったりする。

 

以上、ぼくがシリーズ第6弾でした☆ 

|

« ぼくがかんがえた以下略5 | トップページ | ぼくがかんがえた以下略7 »

妄想格闘ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1379446/39854405

この記事へのトラックバック一覧です: ぼくがかんがえた以下略6:

« ぼくがかんがえた以下略5 | トップページ | ぼくがかんがえた以下略7 »