« 祝☆一万ヒット | トップページ | 産まれました! »

2011年6月 6日 (月)

ソーサリアン!

どうも高橋です☆

先だってACUさんからリクエストがありましたので、今回のゲームレヴューはメガドライブ版ソーサリアンって事でw

とかいってなんかネタにされてますが、このゲーム、はっきりいって名作です!

これはフリでもなんでもなくガチですので、心して読むべし!(カッ!!)

 

このゲームは元々PCのゲームなんですが、たぶん私が小学生の時にメガドライブ版が発売されまして、当時かなり遊んだゲームです。

とはいえ、ゲーム画面は英語が多く、また謎解きなどが高難易度で、小学生にはちょっと厳しいゲームだった為、結局クリアできずにお蔵入りした記憶があります。

しかしその敗戦から十数年のときがたち、再びソーサリアンが我が眼前に立ちはだかる日が来ようとは・・・

 

あれはもう何年前でしょうか、人生の大きな壁にぶちあたっていた私は、自分に失望していました。

ちっぽけなプライドをズタズタにされた私には、その眼前にそびえる大きな壁を乗り越えるだけの気力も体力も無く、ただひたすらに何かにおびえる日々を過ごしていました。

そんなある日ふと思いました。

自分は今まで、こうして「壁」というもの前にただ立ちすくむだけで、乗り越える努力をしてきたのかと。

それも大人になるにつれて、いいわけだけが増えて、あきらめる事が最善策のような気がして・・・でもそれにもなんとなく嫌気がさしていて。

子供のころは、どんなムチャクチャなゲームでも、ひたすらに遊んでました。

それも今考えれば理不尽とも呼べるような難易度のゲームを、ただひたすらクリアするという目標にむけて。

そうだ、今自分に必要なのはそれだ。

あのゲームをクリアしてないじゃないか。

「ソーサリアン」・・・ヤツとの対決に、まだケリがついてないじゃないか。

そう思った私は千円札を握りしめ、中古ゲームショップへとむかったのです。

 

そしてソーサリアンを無事購入。メガドライブは幸い持っていたので、あとは帰るだけだったのですが、帰りぎわにちょっとしたできごとがありました。

バイトの先輩にたまたま遭遇したのです。しかもショップの袋は透明だったので、ソーサリアンのソフトが丸見えだったのです。

先輩は先輩で、御家族でお食事に向かわれている途中だったらしく、お互い妙に気恥かしい感じで挨拶した事を覚えています。

 

そんなこんなで無事に家路につき、ついに私とソーサリアンとの戦いの幕がきっておとされたのでした!

 

・・・ふぅ~、つーか前フリなげえwちょっとロマンティックに仕立ててみましたが、ようはたんに懐かしいゲームをやりたくなっただけですw

 

さてさてこのゲームですが、ジャンルとしてはアクションRPGとなっております。

ゲーム画面は横スクロール型なんですが、普通のアクションとは一線を画しています。

まずパーティは4人なんですが、4人は常にピッタリ前ならえしてます。感覚としては、一番前のキャラを操作して、その後ろに3人がピッタリついてくるという感じですかね。

なので、一番前のキャラが攻撃をよけたとしても、後衛はフルボッコになる時があります。逆もまたしかり。

そして攻撃方法ですが、ボタンを押している間、キャラが信じられないくらいの猛スピードで剣をふりつづけます。1秒に10振りくらいしてると思われます。すごい上腕二頭筋と思われます。

しかし戦士系の場合リーチが激短い為、基本体当たりで敵を粉砕していく事になります。遠距離攻撃の魔法使いもいますが、あまり攻撃力が高くないので、基本肉弾戦です。

しかも移動スピードがめっちゃ早いです。この辺はせっかちな人向けです。敵に猛スピードで体当たりしていく様は、もはや暴走特急です。かなり爽快です。

そして敵に触れている間、猛スピードで自分の体力が減っていきます。

大型のボスなんかは、ちょっと体当たりかましただけで、みるみる溶けていきます。文字通り秒殺です。

 

あと、アクションもそうですが、なんといっても謎解きが結構難易度高いです。

それからストーリーも、王道ファンタジー+ちょっと暗い部分もあって、とてもいいです。

 

システム面で特徴的なのが、職業が多彩という事です。

職業といっても攻撃方法などが変わるわけではなく、単純にパラメータの成長率が違うだけです。

職業には、傭兵や鍛冶屋などから、パン屋や花屋、農夫やら色々用意されています。

それからキャラクターが、どんどん年をとっていきます。ある年齢まで行くと、当然天に召されます。一応後継者はつくれるのですが、かなり弱体化する為、基本寿命までにラスボスを倒す事を目指します。

 

とまあそんな感じで、記憶を頼りにプレイしてみたんですが、まあこれが面白い!

途中かなり苦労したんですが、子供の頃に解けなかった謎もなんとかクリア。

何度もくじけながらも、なんとかラストステージまでたどりつきました。

 

このゲームは10本(だったかな?)あるシナリオ(面)をクリアしていき、最後のステージに挑む事になるんですが、前述のとおり、ラスボスを倒しにいく頃にはかなり年数がたってしまっています。

 

しかし戦士たちは、老骨にムチうって戦うのです。世界の平和をとりもどす為、敢然と悪にたちむかうのです。

必死に体当たりをかましながら、前衛がよけた攻撃に後衛がボコられながら、必死に、必死に戦うのです。

そしてようやく、冒険の終わりがおとずれます。

断末魔の叫び声をあげながら崩れ落ちるラスボス。

そうです!勝ったのです!

世界は救われたのです!

やった!やったぞ4人の戦士たち!

やがて訪れる平和な日々を背に、62歳の農夫たちは、静かに家路につくのだった。

 

ソーサリアンを終えて、私は思いました。

世界を救うために、年金受給前のおっちゃん達がこんなに頑張っているのに、自分は何をへこたれているのかと。

いつだって何かを変えるのは、年齢や適正じゃなく、進み続ける事なんじゃないかと。

そしてソーサリアンという壁を越えた時、眼前にあった壁に、少しだけ亀裂がある事に気づきました。

その亀裂にマトックを振りおろす。

何度も何度も。 

そして数年後、壁には小さな穴があいていました。

そこから差し込む、冷たく新鮮な空気とまばゆい光・・・

 

今でも、つらくなった時には思い出します。

あの、世界を救った4人の農夫たちを・・・

 

ありがとうソーサリアン!!

私は忘れない!

ピッコロは元々マジュニアと名乗っていた事をっ!!

 

 

|

« 祝☆一万ヒット | トップページ | 産まれました! »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

前フリ長ぇwつーかいらないトコロだよ!w

いや、別に「ソーサリアン」はクソゲーじゃあないですよ?
世界を救うために老体にムチ打って戦う農夫達のアツいストーリー。
そんなゲームがクソゲーなわけがない!
周囲のPC派もメガドラ派もベタホメな良ゲーでしたよマジで。

実際日本ファルコムのゲームは良ゲー多いですよね。
私の中ではいまだ「イースⅡ」のオープニングを越えるモノがありません。

つーかどうでもいいですね、前フリ並みにw

投稿: ACU | 2011年6月 6日 (月) 23時01分

イースも面白いですよね^^

最近イースⅠをやったんですけど、終盤でセーブデータとんじゃいましたw
ファミコンはパスワードの方がいいです;;

あと日本ファルコムのゲームは音楽が秀逸ですよね☆

投稿: 高橋祐 | 2011年6月 7日 (火) 13時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1379446/40280933

この記事へのトラックバック一覧です: ソーサリアン!:

« 祝☆一万ヒット | トップページ | 産まれました! »