« 電撃だいおうじ vol,12 | トップページ | 電撃だいおうじ vol,13 »

2014年8月31日 (日)

オカルトオオオウ!!

どうも高橋です☆

 

夏!夏といえばオカルト!!

 

というわけで今日は、私めも大好きな心霊現象について語りたい!ウヒイイッ!!

というか、昨今メディアであつかわれる心霊特集などのつくりに物申したい!

 

 

近頃よくテレビなどで心霊特集を見かけるのだが、個人的にはいまいち物足りない。

けして「怖さ」が物足りない、とかそういう意味では無く、その心霊現象の「説得力」が物足りないのである。

 

例えば一枚の心霊写真。

そこに存在しえないモノが写っている。だから怖いでしょ?という取り上げ方がよくされる。

それはもしかしたら合成かもしれないし、写真特有のなんらかの科学的現象かもしれないのだが、そのあたりの事には一切触れない事が多い。

映像にしてもそうで、映画さながらのカメラワークで、怖がらせる事に重点をおいたものが多く、その映像の真偽は二の次である。

 

私は、これらのもの全てが偽物であるとはけして思わない。

だが、これらの映像に「説得力」を持たせる為には、ふみこんだ科学的検証が必要なのではないだろうか。

無粋と言われればそうなのかもしれないが、色々な科学的検証をもってしても解明できない事が「怖さ」であって、それこそが、オカルトの魅力なのではないかと私は思う。

 

心霊ではないが、以前見た番組で、ビッグフットを探すというものがあった。

捜索隊は、途中でビッグフットがした「尿」らしきものを発見し、その存在を確信した。

が、結局ビッグフットはみつからず全ては謎のまま終わった。

番組中で、「尿」の成分の解析などは一切おこなわなかった。

完全に投げっぱなしである。

こういう番組のつくり方は、視聴者に対して失礼だとは思わないのだろうか?

一見オカルトを好意的に扱っているように見えて、完全にバカにしている。

 

 

私はオカルトが好きだが、もちろん科学も信じている。

オカルトと科学は一見あいいれないもののようにも思えるが、オカルトをオカルトたらしめんものこそが科学であり、科学の力なくしては、オカルトもその魅力を十分に発揮できないのではないだろうか。

 

というわけで、つまるところ私が何を言いたいかというと。

オカルト否定派とか肯定派とかじゃなく、フェアな立場でオカルトを科学的な見地から解析するような番組が見たいようーっ!

ただ怖い映像を垂れ流すだけの心霊特番なんて何が面白いんだようっ!

怖くてトイレいけなくなっちゃうじゃんっ!ウヒイイっ!!

 

と、そういう事である。

|

« 電撃だいおうじ vol,12 | トップページ | 電撃だいおうじ vol,13 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1379446/57238417

この記事へのトラックバック一覧です: オカルトオオオウ!!:

« 電撃だいおうじ vol,12 | トップページ | 電撃だいおうじ vol,13 »