映画・テレビ

2016年3月17日 (木)

映画「シグナル」の感想

どうも高橋です!

年明けからもう3か月!一切更新のそぶりを見せないブログなんぞ閉鎖してしまえ!という声があったかなかったかはさておき、久しぶりの記事更新でございます。
 
さてさて、最近の私めはといえば、サスペンスものやホラー系などを中心にDVDを鑑賞してたりするわけですが、ちょっと気になった作品があったので、軽く考察でも・・・
本文中にはネタバレ含みますのでご注意ください~!
 
感想を見に来る人たちはすでに視聴済みだろうという前提のもと、映画のあらすじ説明等々は、はしょらせていただきますのであしからず。
 
というわけで、この「シグナル」という映画の考察ですが、ぶっちゃけ結末まで見てもあんまりよくわかりませんw 
 
一応「宇宙人に拉致された地球人の3人が、宇宙船の中で人体実験をうけていた」というのが、大多数の方々の解釈みたいです。
それでまあ、だいたいの説明はつきそうな気もしましたが、私はちょっと違う見方をしちゃったんですね。
 
そこで気になったキーワードが三つ。
 
まず、デイモンの質問「お前は地球人か?」
二つ目は、「感染者」
そして三つめもデイモンのセリフ「地球人の精神と、エイリアンの技術の融合」
 
この三つのキーワードは、劇中からでははっきりとした意味を感じ取る事ができません。
そしてこの三つのキーワードに意味を見出すための解釈・・・
 
ずばり結論から言ってしまうと、「主人公の3人は元からエイリアンであり、なんらかの感染により、自分らの事を地球人と錯覚してしまう症状が発現していたのでは?」という、ぶっとんだ解釈を、私は提唱してみたいと思います。
 
これを念頭に、先ほどの三つのキーワードを紐解いていくと、なんとなくセリフの意味がわかってくるような気がします。
一つめと二つ目は、もう説明しなくてもわかると思います。では三つめはどうでしょう。
 
デイモンは言いました。地球人の「精神」と。
普通なら「地球人の肉体と、エイリアンの技術の融合」と言うのではないでしょうか。
まあ、言葉のアヤといえばそこまでですがw
 
と、ここで一つの大いなる疑問がわいてくる事と思います。
序盤の地球での生活や回想シーンはなんだったのか?と。
 
実はこれこそが、彼らが「感染者」と呼ばれる所以であり、全ては彼らの妄想だったのです!・・・とか言うとひどく乱暴な考察にも聞こえますが、まあ・・・そういう解釈ができなくもない・・・かな~・・・ゴニョゴニョ・・・
 
余談ですが、終盤車に乗せてくれたおばさんの言っていた「上空にいる角の天使」というのは、いったい何の事だったのか?
 
これはおそらく、ラストの宇宙船らしきものが出てきた時に、逆さに移っていたビル群の事なのではないかと思われます。確かにツノのように見えますね。
これはさらなる管理者の存在をうたっており、宇宙船が完全なる隔離施設だった事を現しているのかな~と思ったり・・・
 
同じくおばさんのセリフ「中から外に開く」みたいなのは、なんだったのか・・・壁ぶち壊して外出ろよ的なメッセージだったのかな?よくわかりません。
 
とまあ、自分の大雑把な解釈としてはこんな所です。
強引すぎる解釈なのは重々承知の上ですが、説明がないからこそ、こういう自由な解釈をできるというのもB級サスペンス?の醍醐味かと思います。
 
というわけで、以上「シグナル」考察でした~(浅えw)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月31日 (月)

カウボーイ・・・

どうも高橋です☆

最近あんまり映画を見にいけてませんが、久しぶりにかなり気になる映画が!

その名も「カウボーイ&エイリアン」!

うおーっ!いかにもB級なにおいがするよ!

どうやら屈強なカウボーイ達がエイリアンと戦う映画らしいのですが、すっごい気になりますw

他にも三銃士とか素敵な金縛りとかも気になってますが

とりあえずカウボーイ&エイリアン見にいき・・・たい・・・

 

けど・・・

 

結局DVDで見る事になるんですにゃ~・・・へけけっ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月22日 (金)

タイムスクープハンター☆

どうも高橋です☆

最近までNHKで放送してたタイムスクープハンターというドラマがすっごい面白かったので、ちょっとご紹介。

といいつつも、実は私もチェックが遅くて、気付いた頃にはもう終わりかけで、わずかに三話分しか見る事ができなかったという・・・orz

 

随分昔に少し見た事があったんですが、なにげに現在第3シーズンまで進んでました。

意外に人気シリーズなのかもしれません。

 

ドラマの概要としては、要潤さん演じる主人公、時空ジャーナリスト「沢島」が過去へ行き、武士や農民などに密着取材をするという疑似ドキュメント・・・といった所でしょうか。

面白いのが、その取材の対象が歴史上の有名人物では無く、むしろ一般の農民や下級武士などであり、一般の歴史の授業などでは習わないような事柄が学べます。

しかもそのドキュメントがきちんとドラマになっており、作りものとわかっていても、結構ジーンとさせてくれます。

 

私が見た中でも気にいっているのが(といっても3話分しか見てませんが)遠足(とおあし)の回です。

遠足とは、武士の間で定期的に行われていた体力測定の一環で、いわゆるマラソンの事なんですが、その遠足にかける武士それぞれの思惑が色々あり、まさに笑いあり涙ありの傑作でした。

もし再放送があるなら、ぜひチェックしてみてくださいな~☆

 

追記

・・・と思って公式HPチェックしたら、なんと再放送決定してました!ヤタッ!

7月29日の午前0:45~1:28(木曜深夜)から、毎週放送だそうです☆

これはチェックせねば☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月15日 (金)

プレデターD4

どうも高橋です☆

最近レンタル屋さんで、「プレデターD4」なる映画を発見しました。

プレデター好きな私としては、これは見逃すわけにはいきませんな!

早速借りて帰って観てみました。

 

以下ネタバレ注意です。

おおまかなストーリーは、お金持ちに依頼された退役軍人が元のチームメンバーを招集し、秘密の研究所に人を探しに行くというもので、舞台は当然のごとく密林地帯・・・ではなく、郊外の森の中です。

 

中盤まではセオリー通り敵の姿が見えません。何かがいるが何かわからないという状態でしばらくひっぱります。

この辺はプレデターシリーズの一番ドキドキ感が味わえる所なんですが、若干演出に違和感を覚えました。

というのも、相手が全く攻撃してこない。

赤外線のような敵目線での演出はあるのですが、例のレーザーポインターなんかもありません。

この辺から妙な違和感を覚えつつも見続けていましたが、中盤、ついに敵の姿が明らかになりました。

隊長に忍び寄る人影・・・その正体こそ、おぞましい姿のプレデター!!・・・ではなく、

 

スキンヘッドのマッチョだったのです!!

 

スキンヘッドのマッチョは凶暴で、ものすごいパワーで襲ってきます。しかも素手で襲ってきます。

どおりで狙撃してこないわけだ!

全然プレデターじゃないけど、ものすごく強いです。マシンガンでハチの巣にしようが、ライフルで頭を撃ち抜こうが全く死にません。

主人公かと思われた隊長は、速攻で戦線離脱します。

残ったチームのメンバーは、逃げ回りながらも任務を遂行するべく秘密の研究所にたどり着きます。

なんとそこは、恐ろしい人体実験場でした。

さっきのスキンヘッドのマッチョは、その被検体だったのです。

一人また一人とメンバーはやられていきます。

この最強のマッチョを一体どうやって倒すのか?

 

次の瞬間、絶対起こっちゃ駄目な事が起きてしまいました。

 

なすすべ無くチームメンバー全滅。

どうやらスキンヘッドのマッチョの完全勝利のようです。

 

その後の事はよく覚えていません。

気がつくとPS3のコントローラーを握りしめ、無双オロチの難易度易しいで、ひたすらザコ敵を倒していました。

 

 

今回学んだことは

プレデターD4に、プレデターは出てこない

という事だけでした。

 

タイトルだけで映画を借りるのは非常に危険な行動ですので、みなさんも気をつけてください。

 

・・・・・・あなたの見ているパイレーツ・オブ・カリビアンには・・・パイレーツは出てこないかもしれない・・・・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年2月 4日 (金)

偉人の来る部屋

どうも高橋です☆

突然ですが「偉人の来る部屋」というドラマ?みなさん知ってらっしゃいますか?

東京方面ではおととしに放送されたドラマのようですが、九州では今現在、TVQにて木曜深夜に放送されております☆

内容としては、毎回歴史上の偉人を招き、その偉人の本音にせまるというトークバラエティ風ドラマなんですが、現代人と違和感無くからむ偉人達との会話がユーモアにあふれていて、非常に楽しい作品となっております☆

ツンデレな信長様や、ちょっとダサイ新撰組、無表情な源頼朝など、とてもキャラがたっていて、歴史好きで無い方にも楽しんでみていただけるかなと思います。

また、メインMCの二人にも何かしらの謎があるらしく、それらを含む全体的な不思議な感じに妙にひきつけられるドラマですね☆

皆様、お時間がありましたらぜひぜひ見てみてくださいませ~☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月22日 (土)

プレデターズ!

どうも高橋です☆

全国1億2千万人のプレデターファンの皆様こんばんは☆

昨年公開されました映画「プレデターズ」が早くもDVD化しましたね☆

公開当時は忙しくて見に行けなかったので、待ちに待ったDVD化でございます☆

プレデターといえば、2までつくられた後エイリアンなんかとも戦っちゃいますが、やっぱり私は1が一番おもしろかったです。

ジャングルという限定空間の中での、シュワちゃんの超人っぷりと、意外と人間っぽいプレデターの死闘は見ててドキドキします。

そんな1の流れを組みつつ正当進化したとも言えるのが、このプレデターズです☆

結果的な個人評価としては、☆5つ中4つってとこでしょうか。

思っていた話とは若干違いましたが結構おもしろかったです☆

未知のジャングルに何の目的も知らされずに無理やり集められた人間達。

その面々は様々な顔触れで、傭兵や軍人から医者までバラエティーにとんでいます。

日本からも1名参戦しておりますが、この人なかなかカッコイイっす☆

一体彼らは何のためにジャングルにつれてこられたのか!?そしてジャングルに待ちうける脅威とは!?

そんな限定状況に前半はグイグイ引き込まれますが、後半ちょっと消化不良な感じがするのは残念。

説明不足な感じも若干ありますが、作り手がやりたかった事はきっとやれてるんだろうというのが伝わってきて、私は好きです☆

いわば良作なB級映画☆(これはスゴイ褒め言葉です)

足りない所はあれど、わかりやすく作り手の意思が伝わってくる、そんな映画でした。

興味のある方はぜひ見てみてくださいな☆

ただ、主人公らしき男が、どう見てもジローラモさんにしか見えませんがw

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月 7日 (水)

タナバター☆

どうも高橋です☆

今日は七夕ですね~☆

でもあいにくの天気で星は見えませんな~><

七夕か~・・・タナバタ→タナバター→ナバター→アバター・・・・・・まだ見てないな・・・・・・

というわけで、アバター借りてきて見てみました!!

まだ見てない方もいると思いますので、ネタバレしない程度の感想でも。

とりあえず見終わった後の感想としては、普通に面白い。

めっちゃ面白かったぜ!!ってほどでもなければ、つまんなす・・・ってほどでもない。

そう、普通に面白い。

やっぱりこれは映画館で3Dメガネつけて見るべきものなのかもしれません。

一応ブルーレイで見たのですが、確かにCGとかすごいのかもしれないです。

なんせアバターが気持ち悪いw

夜中に一人で居間で見てたのですが、一回トイレに起きてきた父親が翌日

「あんた昨日の夜、すげえおどろおどろしいテレビ見よったなあ・・・ホラー?お父さん、あんなん夜中に一人で見きらんわ~」

と、かなりびびっていたご様子w

時間も二時間半超と、間延び感も若干・・・

話はわりと王道なので、まあ安心して見られますかね。

もうツタヤなんかでは100円でレンタルできるようになってると思いますので、ネタとして見ておくのもいいかもしれませんね☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)