趣味

2011年5月18日 (水)

陰陽座

どうも高橋です☆

突然ですが皆様、陰陽座というヘヴィメタルバンドをご存じでしょうか?

ヘヴィメタと聞くと、ギャンギャンうるさくて何か叫びまくったりするだけのアレでしょ?とか思うかもしれませんが、陰陽座はちょっと違います。

いわく「妖怪ヘヴィメタ」らしいですが、名前の通り和装で、日本古来のものをテーマにしたり、古語を歌詞に用いたりと、普通のヘヴィメタバンドとは一線を画したバンドなのでございます☆

私自身もすごい好きなバンドで昔からよく聞いていたんですが、これまではずっとCDでしか聞いた事が無く、陰陽座というバンド自体の事や、メンバーの人となりなどはあまりよく知らず、ただただ楽曲だけを聞く事にとどまっておりました。

んですが、最近ライブ映像を見る機会がありまして(映像かよっw)、改めてファンになりました☆

 

まず、バンドビジュアルとメンバーの人柄のギャップがすごいw

陰陽座のジャケットとかPV見た事ある人ならわかると思うんですが、見た目けっこうおどろおどろした雰囲気でクールな感じなんですが、実際のメンバーの、なんとまあ明るい事w

「拙者は平安の生まれで・・・」などと別に変なキャラつくりをする事も無く実にナチュラルで、ライブのMCなんかでは、人柄の良さがホントにじみ出てると思いました。

リーダーの「瞬火(マタタビ)」さんがよくメインでMCやってるんですが、良い意味でグダグダしてて最高ですw

要約してしまえば一言で終わってしまうような話を、自分の言葉をさぐりながら喋っているうちに脱線してきたりするんですが、気がつけばちゃんと締めているというwこれが真のトーク力というモノかっ!

 

二人いるギターのうちの一人「招鬼(マネキ)」さんは、実は瞬火さんの弟さんなんですが、この兄弟見てると、某狼兄弟を思い出してしまいますw(兄上は身長高いんですが、弟君は結構小さいところとか、兄上の陰に若干隠れ気味な所とか) 

元々漫画家志望だったという所にも親近感がわいてしまいます☆

 

もう一人のギター「狩姦(かるかん)」さんは、見た目すごくクールでスラッとしてるんですが、喋ると気のいい兄ちゃんって感じで、これまたギャップ萌えですw

 

ドラムの「斗羅(とら)」さんは、いつもニコニコしててとても癒し系です。

現在は脱退してしまって、サポートメンバーという形におちついているようです。

 

そしてそして、メンバーの中でも一番ギャップがあったのが、ボーカルの「黒猫」さん☆

ジャケットや歌い方などを聞いて、勝手に「クールで怖い感じのおねえさん」のイメージを持ってたんですが、この人実際はすっごい可愛らしくておちゃめさんです☆

その笑顔と柔らかい声は、まさに「うたのおねえさん」!といった感じです☆

 

それから今回このライブ映像を見て、ミュージシャンの真骨頂はやっぱりライブにあるんだなと思いました。

ホルモンなんかの時も思いましたが、ライブがすっごい楽しそう☆

MCとかを聞くのも楽しいんですが、やっぱり何が楽しそうって、コール&レスポンスがすっごい楽しそう☆

河童をどりとか綱引きとかすっごい楽しそうだわ~☆

残念ながら出無精の高橋はライブとか一回もいった事ないんですが、行く人の気持ちがなんとなくわかりました^^

 

あと、前々から思ってたんですが、歌詞に出てくる方言のようなものが、どうも大分弁に近いなあ~と思ってたら、リーダーが愛媛の方らしくて、なるほどと納得。

海を隔てているとはいえ愛媛と大分は隣同士ですからね^^

九州以外の人はあまり知らないかもしれませんが、大分は山に囲まれているせいもあってか、あまり九州弁っぽくなく、どちらかというと関西や中国地方に近い方言なのです。

 

とまあ、駆け足でご紹介してまいりましたが、陰陽座の魅力はとてもとても語りつくせません。

和風ヘヴィメタに興味がある方も無い方も、偏見を持たずにぜひぜひ「陰陽座」を一度チェックしてみてはいかがでしょうか☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 2日 (土)

マキシマム ザ!

どうも高橋です☆

去る三月末、二年の沈黙を破り、ついにあのロックバンドが帰ってまいりました!

マキシマム ザ ホルモンのニューシングル、トリプルA面という超豪華仕様でニューリリースでございます!!

いや、待ってた!

テレビで某ガムのCMを見て、まさかと思って調べてみて良かった☆

 

今回のシングルリリース、久々という事もあって、ネタ満載でしたw

 

まず、シングル発売にあたっての予告PVがすごかったw

何がすごいって、「小さな君の手」という新曲PVが発売前に先行して流されたのですが、これがすごかった!

ホルモン二年の間に何があった!?という程さわやかで前向きな歌が収録されているではありませんか!

まあ結果から言えばこれネタなんですけど、こんな事全力でやっちゃうホルモンのバカさかげんが健在で、ある意味安心しましたw

何気にこの曲普通に良い曲だしw

どういうネタだったのかは、実際に見てみてくださいw(でも、ホルモン全然知らない方は見ない方がいいかもです。ちょっと下品な表現もありますので)

 

そんなわけで、早速ニューシングルを購入☆

今回も封入特典がすごく、着せ替えカバーに、ネタ曲「小さな君の手」の着歌ダウンロードコード、そして何に使うのか全く用途のわからない応募券がついてきますw

あと、マキシマムザ亮君が雑誌で連載してたコラムの総集編みたいな小冊子もついてきました。これも内容がしょうも無くてサイコーですw

 

今回トリプルA面という事で3曲入ってるんですが、どれもかっこよかったです☆

正直言って最初聞いた時は、前回のシングル「爪爪爪/F」ほどの衝撃は無かったんですが、聞いているうちに、今回はまた違った感じの良さがあるなあと感じました。

以下、ちょっとまじめな話なんですが、

中でも「鬱くしき人々のうた」という曲が、色んな意味でガツンときました。

おおまかにいえば鬱という重いテーマをあつかった曲なんですが、爽快なメロディーと裏腹に歌詞がものすごくガツンときました。

その歌詞の中でも、特にガツンときた歌詞の部分を一部抜粋したいと思います。

 

以下、「鬱くしき人々のうた」より一部抜粋

 

世界中の誰もが病んでるわけではねえけど

誰かは今日もうずくまってる

そして内緒で「明日はラスト」と這いつくばって抜け出そうと生きてる

いつだって癒しなんぞなくてもリングにあがりゴング鳴るの待ってろ

鬱くしき人々よ「0.5生懸命」にて勝て!

 

当然前後にも歌詞があるので、ここだけ抜粋してもあまり意味は無いのですが、私はここの部分の歌詞が一番ガツンときました。

そしてこの歌のラストをしめるフレーズもガツンときます。

ここではそのフレーズも、上の歌詞について私がどう感じたのかも書きませんが、これに何かを感じた人は、ぜひこの曲を聴いてみてください。

もしかしたら何か得るものがあるかもしれません。

 

というわけで、今回はマキシマム ザ ホルモンのニューシングルについてお送りいたしました☆

最後は、マキシマムザ亮君のお言葉で締めたいと思います。

 

 

ロックソング目で聴け!!

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年1月25日 (火)

蒐集癖②

どうも高橋です☆

前回に引き続き、蒐集癖のお話。

ていうか、しゅうしゅうへきって漢字で書くと、なんかちょっとヘンタイっぽいですねw

「へへ・・・オレ・・・蒐集癖があるんだぜ・・・はあはあ・・・」みたいなw違うかw

まあそれはどうでもいいとして、昔私が集めていたもののお話をば。

 

それは、当時ビックリマンと同じくらい夢中になった「ネクロスの要塞」です☆

100円のチョコスナックのおまけとしてフィギュアがついてくるんですが、最大の特徴は、温度によって色が変化するという事でしょうか。

このあたりは実に子供を意識した商品つくりだと思うのですが、ネクロスが他の子供向け商品と少し違うのは、その世界観やキャラクターにあります。

ストーリー自体は王道ファンタジーなのですが、どうやら海外の指輪物語的王道ファンタジーをモチーフにしたらしく、キャラクターがまあ濃いw

敵のモンスターもリアルで怖いですし、その気持ち悪ささえ漂うキャラクターデザインには、当時子供ながらに妙なリアリティを感じた事を覚えています。

そして、全体的に漂う暗くジメっとした雰囲気は、なんともいえぬ気持ちを味わわせてくれます。

選ばれた勇者達は、けして華やかな冒険をしてはいないのでしょう。きっと湿地の多い薄暗い森の中を方向もわからずさまよい、明りの届かない朽ちた塔の中を、じっとりとした苔の壁伝いに進んでゆくのです。

そんな光景が頭に浮かぶような「ネクロスの要塞」が持つ生生しさは、けして他には無い魅力を放っていたように思います。

ちなみにキャラクターの中ではナイトが一番好きでした☆

その勇敢なキャラとは裏腹に、敵から奪った盾で呪われたり、敵のだまし討ちにあってしまったりと、ちょっとドジっぽい所が人間っぽくて好きです☆

特に4弾のナイトはかっこよかったな~☆

ナイトの後をサムライが継いだⅡナイトもカッコ良かったです☆

あとなぜかラットマンが好きでしたw

 

その後もネクロスはアイスでシール化したり、PCエンジンでゲーム化したりしたんですが、今や知る人ぞ知るものになってしまいましたね;;

ゲームも当然プレイしたんですが、すっかり内容を忘れてしまいましたwただあの雰囲気はしっかり再現できていたように思います。

というわけで、さいきんはリメイクブームという事ですし、ぜひ「ネクロスの要塞」も復刻版として出してほしいです☆

今やビックリマンも100円近くですし、一個200円くらいでも買います!

ロッテさん!ぜひぜひご検討のほどよろしくお願いいたします☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月24日 (月)

蒐集癖①

どうも高橋です☆

突然ですが、みなさん何か集めてるものとかあります?

実は私は結構蒐集癖があるんですw

おそらくビックリマン症候群とでもいうのか、子供の頃欲しくても集められなかった反動で、大大人買いとかしちゃうというアレですかねw

とはいえ、子供の頃からカードとかおまけを集めるのが好きで、ビックリマンシールをはじめ様々な食玩をあつめたものです☆

当時はビックリマンが人気すぎて、お店では「一日三個まで」ルールというのが適用された為、よく他のお菓子の後ろとかに隠して翌日買いにいったりしてましたw

そういう行為がわりと横行した為、他の子が隠したビックリマンを探すという二次災害的遊びが流行り、よくスーパー内で宝探しごっこをやったものです。

今考えると相当ウザイですね^^;お店の迷惑になるので良い子は絶対マネしちゃダメです!

 

お気にいりのカードは、制空キングとかポンプ大帝とかマスターPとか魔君ポセイドスとか☆

ビックリマン2000も結構集めてたんですが、わりとすぐ終結しましたね。

バカラファミリー好きだったなぁw

 

そういえば、PS3のゲーム「ディスガイア4」とビックリマンのコラボが決まっているという記事を以前どこかで読んだんですが、どうなったのでしょうか?

ディスガイアも好きなゲームなので、ちょっと楽しみですw

そのコラボの一環なのかもしれませんが、現在発売中のビックリマン新シリーズでは、ディスガイアの絵描きさんが参加していらっしゃいますよね。確かプリニーとかも・・・w

 

そんなこんなで形は変われど、今も脈々と続くビックリマンの血統にはジョースター家も一目おいているはずw

これからも続いていってほしいものです☆

というわけで、蒐集癖の話第一回目はビックリマンシールでした☆

次回にレッツタンゴマンっ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月13日 (水)

WWE!!

どうも高橋です。

いやはや、ここの所多少情緒不安定な日々が続いておりまして、なんだかんだで一週間もブログ放置してしまった・・・いかんいかん!

というわけで、気をとりなおして本日はWWEのお話でも☆

え?誰も興味無い?そもそもWWEってなんぞやですと?

WWEとは、ワールドレスリングエンターテイメントの略?だったかな・・・まあ要するに、アメリカのプロレスですね^^;

主にロウとスマックダウンの二勢力にわかれており、(野球でいうセリーグパリーグみたいなもんですね)毎月一回行われるPPV(いわゆる特番)では、両陣営一緒になって王座戦とかやったりします。

日本のプロレスとの一番の違いはそのエンターテイメント性で、WWEはその名の通り完全なるショーとなっておりますw

しっかりと台本が存在し、楽屋裏での選手の独り言なんかも、バッチリカメラでぬいちゃいますw

そういう意味では、おバカな事をどれだけ真剣にできるかという国民性が顕著にあらわれていて、大変面白いです☆

ただ、シナリオ性を重視している為、マイクパフォーマンスが異常に長かったり、試合がめっちゃ大味だったり、第3者の乱入が多かったりと、プロレスとしてはダレる部分も多いので、純粋な日本のプロレスがお好きな人にはちょっとオススメできないかもしれません。

それでも私がWWEを好きな理由・・・

やっぱりそれは選手達のカッコよさ!これに尽きるでしょう!!

とはいえ、実は近年のWWEはあんまり見ておらず、(オイ!)個人的には、ロック様が暴れていた頃くらいが一番好きです☆

というわけで、恒例の好きな選手ランキング~☆(引退選手含む)

第5位は・・・

早速ですが、ピープルズチャンピオン!「ザ・ロック」ことロック様です!

近年ではすっかりムービースターになってしまいましたが、現役当時の彼はまさにカリスマ!あの武藤に影響されたというピープルズエルボーは一見の価値ありです!マジカッケー!!

あの指がカクカクした挑発も、当時よくマネしたものですw

続きまして第4位は・・・

本格派ルチャドーラ!「レイ・ミステリオ」です!

小柄なわりにガッチリした体格ですが、その身のこなしはルチャドーラそのもの!必殺の619を初めて見た時は鳥肌モンでした☆マスクの奥の青い瞳がちょっとコワイですw

続きまして第3位・・・

元祖俺様主義!Y2Jこと「クリス・ジェリコ」です!

いまだに現役のベテランですが、そのちょっとぬけたヒールっぷりが、妙にカッコイイ!

必殺のライオンサルトが美しいです☆なにげに一番好きな技かもしれない☆

続きまして第2位は・・・

HBK!HBK!ハーブレイクキッドこと「ショーン・マイケルズ」です!

キッドとか言ってますが、完全なおっさんですw

しかしただのおっさんにあらず!その均整のとれた肉体と、キレのあるパフォーマンスはまさにセクシーボーイ!

必殺のスイート・チン・ミュージックもめっちゃカッコイイです☆まあ、ぶっちゃけただのトラースキックですがw

あと鼻の下が若干長いような気がするが気にしないで~w

そしていよいよ栄えある第1位は・・・

ジャドーン!我らテスティクルズ!でっけえ人「テスト」です!!

はいそこ!なんでテスト!?とか、誰よテスト?とか言~わ~な~い~の~♪

なんでこの人を第1位なのかというと・・・ぶっちゃけ一目ぼれですっw

ただ残念ながら、初期の頃のロンゲに上半身裸でロングパンツというスタイルが好きだったので、後期の単髪に短パンというスタイルはちょっとなじめませんでした;;

後期はセコンドのステイシー・キーブラーの方が目を引きましたねw

ちなみにテストファンの総称「テスティクルズ」とは、キ〇タマヤロウ的な意味があるとか無いとかw

もうひとつ残念といえば、どうやらテストは引退後に謎の死をとげているらしいです。

エディ・ゲレロやクリス・ベノワもそうですが、まだこれから活躍できたかもしれないのに非常に残念です。

というわけで、ざっと紹介してきましたが、ギリで選に漏れてしまった選手も多いです。

HHHやアンダーテイカー、スコット・スタイナーも好きですし、マイナー所ではショーン・オヘアなんかも好きでした☆ストーンコールドやホーガンも忘れちゃダメですな☆

他にもたくさん個性的な選手がいますので、きっとあなたも一人くらいはお気に入りの選手ができる事と思います。

ぜひ一度ご覧になってみてはいかがでしょうか☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月28日 (月)

きなこ様☆

どうも高橋です☆

突然ですが、みなさんはニコニコ動画とか見てます?

私は結構三国志大戦の動画とか見てるんですが、他にも「踊ってみた」系の動画とかも結構見るんですね。

私を知る人にいうと意外な顔されるんですけど、実は私、ダンスとかって結構好きでして☆

もちろん見るだけで、自分は全く踊れませんw私にももう少しリズム感があれば・・・;;

で、動画を投稿されてる方たち、みんなスッゴイうまいんですけど、中でも私の一押し踊り子「きなこ」について、今回は語りたいっ!

この方、ニコ動の踊り子の中でも結構有名な方なんですけど、まあ、その踊りのキレのなんたるやっ!かつ可愛らしさとしなやかさを併せ持った、素晴らしい踊り子さんなのでございます☆

ていうか、踊りに関してドシロウトの私に難しい事はわかりませんが、なんていうか、「きなこ」のダンスは、見ててすごく元気が出るダンスなのです☆

とまあ、色々言ってもアレなんで、ぜひぜひ皆様見てみてください☆

・・・ただ、ここで最近のニコ動の踊り子さん達に一つだけモノ申すっ!!

というのも、昔の踊り子さん達の間では顔をマスクで隠して踊るっていうのが主流だったんですが、どういうわけか最近はみなさん顔出しオッケーで踊っていらっしゃるのです。

いや・・・いいんです。みなさんキレイな顔してらっしゃいますし、見てる方もその方が良いっていう方もたくさんいると思います。

実際「きなこ」が顔出しした時は、期待を裏切らない美少女で、改めてファンになりました。

ただ・・・

何かが物足りないのですっ!!

あの「マスクで顔を隠している」という、なんとも言い知れぬ神秘・・・そうっ!いわばマスクマンの正体をあれこれ想像するドキドキ感にも似たミステリアスマーベラスな3分の1の純情な感情っ!!

人は前に進む事をやめる事はできず、何かを得る時には何かを失うのだと、そういう事なのかもしれません・・・

・・・ち・・・ちげーよっ!!全然マスクフェチとかじゃねーよっ!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)