妄想格闘ゲーム

2011年5月12日 (木)

おまけ

どうも高橋です☆

ひとまず一区切りついたこの妄想格ゲーですが、ここしばらくおっさんが続いたせいで夢見が悪かったという苦情が多々よせられているとかなんとかいう噂ですので、一応これでしめておこうと思います。

Img213

堪忍してやああああああっ!!ゴフっ!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年5月11日 (水)

ぼくがかんがえた以下略11

どうも高橋です☆

なんと今回、このブログ開設から数えて、記念すべき100件目の記事でございます☆

当初毎日更新するつもりだったこのブログですが、ほぼ一年かかってこの件数というw

もっとも、そんなに読んでくださる方もいないんですが、もうなんか、ある意味ブログって自分との戦いだと思うんですよね。

普通の日記なら他人様に読まれる事なんてまず無いわけですし。

それでも読んでくださる方々に感謝です☆

なんて相変わらずワケのわからない事をほざいてますが、100件目であろうがなんであろうが、このコーナーの始まりでございます☆

Img212

名前、ミスターESP

 

ストーリー

超能力研究機関「イザナギ」の創始メンバーの一人。自らも能力者として能力を平和的に利用する研究に尽力するが、研究中の事故で自らの超能力を失ってしまう。

自暴自棄になったESPは、研究で生み出された、誰でも超能力が使えるようになるという疑似ESPユニットの試作機「オホカムヅミ」を奪取して逃亡。

自らの野望をかなえる為、アイアンウルトラ以下略にたどり着く。

果たしてESPの狙いはなんなのか?

ESPの手の中で冷たく冷気を放つホームラ〇バーだけが、その答えを知っているのであった。

 

格闘スタイル

サイキック(腰に差している刀もESPユニットの一つ。触媒にすぎないので武器としては使用しない)

 

必殺技

独自のシステムとしてイザナギシステムがある。

必殺技を使用するごとに専用ゲージ「ESPゲージ」が上昇。ゲージが溜まりきると暴走モードへ移行する。暴走モードは一定時間持続し、攻撃力が1・5倍、移動スピードが上昇するがガードする事ができなくなる。モード終了時にゲージは0になる。

通常時、ESPゲージはゆるやかに減っていく他、専用の必殺技を使用する事で減らす事ができる。

・ヒノカグツチ(↓\→P)飛び道具。空中可。炎球を投げ付ける。強で出すと斜め上に投げる。空中では弱で相手にむかって、強で真横に飛ばす。

画面上に火球が存在している時、任意のタイミングでPKを押すと、刀の鞘を打ち鳴らすモーションが発生。火球を爆発させる事ができる。その場に大きな攻撃判定が発生する。

・タケミカヅチ(↓→\K)対空打撃技。雷撃をまとった蹴り上げ。

ヒット時↓Kを入力すると、地面にたたきつける追加技発生。

・スサノヲ(↓/←P)打撃技。3回まで連続入力可。

・アマテラス(↓↓P)画面が一瞬フラッシュする。この時相手キャラが立っている場合ダメージを与え、しゃがんでいる場合体力を回復させてしまう。ESPゲージ消費技。

・ツクヨミ(→\↓/←K)高速の突進技。そのスピードは、自らが撃った飛び道具すら追い越す。ただガードされるとスキが大きいので、ヒノカグツチ爆破などのフォローが必要となってくる。

 

超必殺技

・ヨモツヒラサカ(↓/←/↓\→KK)乱舞技。ヒット後暗転し、見えない打撃が相手を襲う。しめに鞘を打ち鳴らすと同時に相手を爆破する。

・トツカノツルギ(↓\→↓\→PP)飛び道具。空から10本の剣が降り注ぐ。

・イザナミ(空中で↓\→\↓/←PP)全身から衝撃波を発生させる打撃技。

 

キャラ性能

ESPゲージの存在を除けば、これでもかというくらいスタンダードキャラ。ミスター・ベター。

技の見た目もハデでかっこいいものがそろっており、本来なら主人公格の扱いをうけるキャラであるが、この世界においてはブランカ的あつかい(良い意味で)。

スタンダードとはいえ、飛び道具のヒノカクヅチの使い方で化けるキャラ。

 

以上ぼくがシリーズ第11弾でした。

~おしらせ

え~、ここしばらく続いてきたこのシリーズですが、とりあえずこの辺で一端終了します☆

べ、べつにネタギレとかじゃないんだからねっ!

というわけで、妄想格ゲー「漢王!!(ガイキング!!)」←今タイトル決めたw

続編をお楽しみに~☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月10日 (火)

ぼくがかんがえた以下略10

どうも高橋です☆

なんだかんだで10人目に突入したわけですが、重量級好きなあなた!お待たせいたしました!

Img211

名前、ミスター・オヤカタ

 

ストーリー

某食品メーカーのマスコット人形をつくる頑固一徹な職人。昨今の全機械化の波で職人魂が失われつつある現状に嘆き、後継者不足に悩む。

それでも職人魂を後世へ伝える為、自分の後を継げる逸材を探求めて大会へ参加する事を決意する。

なお、その独特な髪形は、人形に対する愛情のあらわれである。

 

格闘スタイル

無手勝・剛腕

 

必殺技

・撃ち砕く剛腕(↓\→P)ガードポイントのある打撃技。

ボタン押しっぱなしで溜め可。溜め中はガードポイント持続。最大溜めでガード不能攻撃。

・降り注ぐ剛腕(↓溜め↑P)上空へ飛びあがり、画面外から直下してくる打撃技。上昇時も打撃判定あり。

・貫く剛腕(←溜め→P)画面端まで届くハイパーアーマー効果つきの突進技。

相手にヒット、もしくはガードされても必ず画面端まで突進する。画面端到達時にタイミングよくレバーを後ろにいれるとさらに逆サイドまで突進する。

・剛腕の衝撃(↓↓K)飛び道具。

地面をたたくと発生する衝撃波。ジャンプ軌道で飛ぶ飛び道具。

・回る剛腕(空中でPP同時押し)腕を回転させながら上昇する打撃技。

・剛腕パンプハンドルスラム(→\↓/←P)ハイパーアーマー効果のあるコマンド投げ。ダメージは低いが相手の必殺ゲージを減らす効果がある。

 

超必殺技

・3分間剛腕クッキング(↓\→↓\→PP)ヒットすると相手を空中に飛ばし、打撃技でお手玉する乱舞技。

・山吹色の剛腕疾走(←溜め→←→KK)画面端まで届く衝撃波。

・レイジング剛腕拳(/→\↓/←\PK)地面をたたきつけ、衝撃波を吹きあげる技。

 

キャラ性能

移動スピードも遅くは無く、見た目によらずスタンダードな技がそろっているので意外に使いやすいキャラ。通常技も含め、ハイパーアーマー効果(1ヒットまではくらってものけぞらない)がついている技が多いので、普通に攻めているだけでも脅威となる。

小細工無用でガンガン攻めたい人向けのキャラ。

 

以上、ぼくがシリーズ第10弾でした☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月 9日 (月)

ぼくがかんがえた以下略9

どうも高橋です☆

引き続きいかせていただきますじょ!

Img209_2

名前、ミスター・シツジ&小夜お嬢様

 

ストーリー

四菱家につかえる執事。その過去は謎が多く、元FBIともKGBとも噂される。

もっぱら四菱家の一人娘「小夜」の世話係兼教育係ではあるが、甘く接しすぎてしまった為、小夜はわがままな娘に育ってしまう。

「本物の強い漢が近くで見たいぞっ!」という小夜のきまぐれ発言により、アイアンウルトラ以下略に参戦するハメになる。

はたして老紳士の実力やいかに?

 

格闘スタイル

護身術+小夜様のきまぐれ

 

必殺技

シツジ独自のシステムとして「小夜様のきまぐれ」がある。

試合中ランダムで小夜が行動する。走っていってスネ蹴り(下段)、コケざまの頭突き(中段)、ポカポカ殴り(多段ヒット)、小夜ビーム(飛び道具)、対空頭突き(対空)などがある。

小夜にあたり判定は無いので、撃退もできない。(唯一相手の召喚系の技とだけかちあう。例:ミスター・ネコガミの荒猫召喚で出てきた荒猫とはお互いに判定を持ち、一定ダメージうけるとダウン。一定時間動かなくなる。一応小夜の方が強い)

 

・シュピーゲル(→\↓/←各種ボタン)当て身技。0フレームで出る。

弱Pでジャンプ攻撃と必殺技、強Pで地上通常技。弱Kで下段技、強Kで飛び道具をとる。

飛び道具ははねかえる。

・シュピーゲル・ヒンメル(空中で→\↓/←P)空中当て身

・ドラッケン・アイン(←/↓\→P)コマンド投げ。投げコンボ始動技。以下の技に派生。

派生投げは各段階で二種あるが、くらった方は同じボタンを押す事で回避可能。

・ドラッケン・ツヴァイ(アイン中↓/←PorK)派生投げ。ドライに派生。

・ドラッケン・ドライ(ツヴァイ中↓\→PorK)派生投げ。超必殺投げに派生可能。後述。

・ネーベル(→↓\各種ボタン)空中可。移動技。瞬間移動する。

ボタンによって出現位置変化。消える時にスキは無いが、出現時にスキがある。

・アスクレピオス(↓\→各種ボタン)リーチの長い打撃。腕にたらした布をうちつける技。

ボタンによって上中下のうちわけが可能。

・グリューンブルーダー(←溜め→K)低空で相手に飛びかかる突進技。

 

 

超必殺技

・ドラッケン・ウンエントリッヒカイト(レバー一回転PP)コマンド投げ。

見えない無数の拳を撃ちこむ。ドラッケン・ドライからつなげる事も可能。

・小夜様大暴走(全てのボタン同時押し)

一定時間小夜の動きが早くなり、よりアグレッシブになる。

・GR(↓↓↓PK)小夜の「やっつけろ!じいっ!!」の掛け声と共にパワーアップ。

一定時間アーマー効果。1ヒット分はくらってものけぞらなくなる。

 

キャラ性能

移動スピードは早くはないが、地上ダッシュが高速の一足飛び。この一足飛びは特殊で、相手のダッシュにあわせると転ばせる事ができる。ダメージは無い。

小夜様のきまぐれがどう発動するかが勝敗のカギとなってくる。小夜の攻めにまぎれて接近し、投げコンボと当て身でプレッシャーをかける戦いが基本となりそうなキャラ。

 

以上ぼくがシリーズ第9弾でした☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 8日 (日)

さいきょうシリーズちょっと休憩

どうも高橋です☆

今回GW企画として、妄想格ゲーシリーズをお送りしてきたわけですが、とりあえずこの辺で小休憩をはさみたいと思います。

とりあえず並べてみたw

2

集え!さいきょうの漢たちよっ!!クワっ!

こうしてみると、けっこう体格差があります。ルチャちっちゃいねw

 

そういうわけで、今回はシステム面について考察してみようかと思います☆

 

基本システム

・弱P強P弱K強Kの4つボタン

・→→でダッシュ。←←でバックステップ。バックステップ出かかりに無敵あり。

・空中では前後ろにダッシュ可能。さらに斜め上へのダッシュも可能。二段ジャンプあり。

・必殺ゲージは5本までたまる。ゲージは各種攻撃行動。前方ダッシュで溜まる。

・ガードキャンセル(ガード中→PK)必殺ゲージ一本消費。相手を吹き飛ばす。ダメージは無い。

・密着状態で→or←PorKで投げ。投げられた方は同じボタンの入力で投げ外し可能。空中も同様。

・超必殺技にもゲージ使用。

・必殺ゲージは次ラウンドへ半分だけもちこす。

・通常技はチェーンコンボがあるが、キャラによっては無い。

・スーパーキャンセルはあった方がいいのか、無い方がいいのか・・・う~む・・・

とまあ、基本はだいたいこんな感じです。てかほぼギルティじゃんw

 

特殊なシステム

・同じ必殺技は連続で使用するとダメージが低下します。飛び道具も同様です。

間に通常技をはさんでも関係ありません。必殺技を出す順番のみカウントします。

例:強Pキャンセル必殺技Aを出したあとに、↓強Pキャンセル必殺技Aでは、ダメージ低下。

強Pキャンセル必殺技Aのあと、強Pキャンセル必殺技Bを出せば、このあと↓強Pキャンセル必殺技Aは通常ダメージ。

同じ連続技を相手にいれたい場合は、一回目の連続技の後、空振りでもいいので違う必殺技を出しておけば、再度同じ連続技を使ってもダメージは低下しません。

飛び道具も連発できなくなります。一発目を出したあと、違う必殺技を一度出さなければダメージが低下します。

少しわかりにくいかもしれませんが、同じ技ばかり連発していなければ、さして問題無いシステムだと思われます。

・漢(おとこ)くらべシステム

各キャラに複数設定された「漢くらべ属性」がついた通常技同士が同タイミングでかちあうと発生。ボタン連打の勝負になり、負けた方は画面端までふきとび、若干のダメージをうけ必殺ゲージが0になる。勝った方は体力が若干回復し必殺ゲージが2本増える。

・何度でも立ち上がれシステム

体力が0になってKOされても、その時点で必殺ゲージが5本全てたまっている場合、若干の体力で復活する事ができる。このとき必殺ゲージは0になるが、再び5本溜める事ができれば再度復活できる。

(この効果は、2本先取制の場合、1本とられている側にしか適用しません。3ラウンド目は両方に適用します)

・挑発(スタートボタン)挑発行為のあと、漢くらべ属性が全身に発生する。このとき漢くらべ属性の技をたたきこまれると、漢くらべ発生。

このゲームにおける挑発は「漢くらべしようぜ!」の合図であり、漢くらべ属性の技をつかってこい!という意思表示である。

なお、相手にするかどうかはプレイヤー次第。常に冷静でいる事もまた漢。

何度でもたちあがれシステムでよみがえった後に出すのが熱い。そのまま連続技でたたき殺されるか、はたまたチャンスをつかめるか、対戦相手の気質を読む事も重要。

そのままたたき殺されても、絶対に怒ったり相手プレイヤーを罵ってはいけない。それが漢。

 

以上、システム考察でした☆

そういえばこの妄想格ゲー、タイトルがまだ決まってませんでした。

それについてはまた後日~☆(どうでもいいよ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月 7日 (土)

ぼくがかんがえた以下略8

どうも高橋です☆

皆様そろそろお気づきかとも思いますが、この妄想格ゲーは、おっさんのおっさんによるおっさんの為の格ゲーであり、おっさんしか出てきません。

女の子しか出てこない格ゲーなんてたくさんあるんだから、おっさんしか出てこない格ゲーがあったっていいじゃないかっ!!クワっ!!

そういうわけで、まだまだ続きます☆

Img206

名前、ミスター・イエモト

 

ストーリー

日本舞踊の一派、真立花流の6代目。しかし既存の舞踊に飽き、刺激を求めるあまり、カポエイラと日舞をかけあわせた、全く新しい格闘術を生み出す。

そしてより強い刺激を求め、イエモトはアイアンウルトラ以下略に出場する事を決意するのであった。

 

格闘スタイル

カポエイラ+日舞

 

必殺技

・見栄切りカペサーダ(←溜め→P)突進して頭突きをかます技。

・直下型シューヴァ(空中で↓↓K)真下に蹴りをはなつ技。

・ジンガ舞(↓/←K押しっぱなし)その場でステップを踏む技。

ボタンを押している間は全身無敵だが、投げられ判定だけはある。

~是清(ジンガ舞中→P)扇子を投げる飛び道具。

~馬揃(ジンガ舞中←P)扇子での打撃を出しながらのバク転。後方へ下がる。

~入鹿(ジンガ舞中↓K)二段蹴りで足元をすくう技。下段。

~伊吹(ジンガ舞中↑K)小さく飛び上がってから両足を蹴り下ろす打撃技。中段。

・アウー舞(↓\→K)側転で全身する技。下段のみ無敵。

~切兼曽我(アウー舞中→P)さらにアウー舞を繰り出す。

~元服曽我(アウー舞中←P)投げ技。

~小袖曽我(アウー舞中↑K)ほぼ垂直にジャンプした後、相手に扇子を投げ付ける。

~夜討曽我(アウー舞中↓K)両足での下段蹴り。自分は強制ダウン状態に。

・当てジャ(自分がダウンする瞬間に↑K)ダウンせずに斜め上に蹴りあげる打撃技を出す。出したあとはダウン状態には移行しないが、しゃがみの無防備な状態になる。

・盆ディア(自分に追い討ち判定が発生中↓\→K)特殊当て身

相手の追い討ち時にのみ出せる当て身技。(通常ではいっさい身動きのとれない状態から出せる)

地上であろうが空中であろうがダウン中であろうがとれるが、タイミングがあわずにとれなかった場合、被ダメージが1.5倍になってしまう。

・艶ウス(ダウン中→or←)ダウン中も左右にゆっくりと移動できる。特にデメリットは無い。

・爽ノ(ダウン中PP押しっぱなし)起き上がる時間を若干ずらす技。

 

超必殺技

・幸若舞敦盛~レゲエMIX(↓↓PK)パワーアップ技。

一定時間、全ての舞技のヒット数があがり、硬直が短くなる。

・コンビナソ・御神楽(↓\→\↓/←PP)乱舞技。

・ブラガンサウェーブ(→←/↓\→PP)画面いっぱいに扇子を投げる飛び道具。

判定が大きく、飛び越える事はまず不可能。

 

キャラ性能

地上でのスピードは並だが、ジャンプスピードが非常にゆるい。空中では直下型シューヴァやダッシュをつかった奇襲攻撃。地上では舞からの二択で相手のペースをくずすキャラ。

唯一ダウン状態がらみの必殺技をもつので、相手のワンパターンな攻めを逆手に取る事も可能。

通常技も含め崩し技が多いので、心理的かけひきを楽しみたい人向けのキャラかもしれない。

 

以上、ぼくがシリーズ第8弾でした☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 6日 (金)

ぼくがかんがえた以下略7

どうも高橋です☆

もはや日課になってまいりましたこのコーナーw

Img205_2  

名前、ミスター・ルチャ

 

ストーリー

ルチャ・リブレ界のキング。その正体は一切謎につつまれており、「アルファベットナンバーズ」と呼ばれる26人のレスラーの頂点にたち、Zマスク(ゼッターマスク)とも呼ばれる。

そんなある日、アルファベットナンバーズが次々と失踪する事件が起こる。

そして現場に残された格闘技大会の招待状。

ミスター・ルチャは事件の真相を知るため、そして消えたナンバーズの行方を捜すため、単身アイアンウルトラグレートチュロスマッチトーナメントの会場へと向かうのであった・・・

 

格闘スタイル

Z流ルチャ・リブレ

 

必殺技

・タラウマラ(PK同時押し)移動技

後ろに走る技。

・獅子(タラウマラ中→P)三角飛びでフライングエルボー。中段。

・鷲(タラウマラ中←P)三角飛びで逆の画面端までジャンプ移動。

・蛇(タラウマラ中↓K)三角飛びでスライディングする打撃技。下段。

・ビバ・エストレージャ(→↓\P)対空投げ。

・オラ!(相手ダウン時↓↓P)ダウン中の相手を引き起こす技。引き起こされた方は若干不利な硬直があるが、確定で受ける攻撃は無い程度。

・ウシュマル・デル・ソル(←/↓\→P)コマンド投げ

上空に放り投げる技。ケレタロにつながる。

・ケレタロ(ウシュマル・デル・ソル中↓\→K)追い討ち専用技。ジャストタイミングで入力すると、さらに追撃できる。

・シクロン・マヒストラル(空中で↓/←K)打撃技。3回まで連続入力可。

・エル・タヒンコンビネーション(←→P)打撃技。

以下の4つの技へ派生可能。どの順番でも派生できる。一連の流れで一つにつき2回まで入力可(メーサスをのぞく)。

セロ(↓/←P)アッパー掌底。中段。

ラス(↓/←K)水面蹴り。下段。

サポーテス(←/↓\→K)ガードポイントつきの打撃技。

メーサス(↓\→P)ローリングエルボー。ヒット時に通常の必殺技でキャンセル可能。メーサスを出すと、コンビネーション終了。

 

超必殺技

・ルードの洗礼(/溜め←→KK)飛び道具。

鉛入りのピコピコハンマーを上空に投げる。時間差で画面外からふってくる飛び道具。

・ケツアルコアトル(←/↓\→×2PP)コマンド投げ

連続で間接を決めていく技。ラン・フロム・エルパソでしめる。

・アスカポツァルコ(←/↓\→×2KK)移動投げ。

ジャンプ軌道で相手をつかむ投げ技。通常の飛び道具くらいなら飛び越えられる。

 

キャラ性能

全キャラ中屈指のスピードをほこるが、ジャンプ軌道が長いので、相手にくぐられやすい。

リーチが短く、攻撃力があまり高く無いので手数で勝負。強力なコマンド投げへの布石にもなる。

流れるような連携でゆさぶっていき、チャンスには連続技をしっかり決める事が重要なキャラ。

以上、ぼくがシリーズ第7弾でした☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月 5日 (木)

ぼくがかんがえた以下略6

どうも高橋です☆

さて、皆様もういいんじゃないかと思い始めている事でしょうが、まだ序章です。

ドラクエ5でいったら、まだパパスが死んだ所です。

ていうか私の中のドラクエ5は、パパスが死んだ時点で全てが・・・

・・・パパスーーーーーーっ!!!

まあそれはさておき

Img203

名前、ミスター・ローレン

 

ストーリー

近代兵器の飛び交う戦場を、大盾とトンファーだけで生き延びた伝説の傭兵。

齢65を迎え一戦から退くが、TVスター、チャック・ウィルソン氏が相撲大会で頑張る姿を見て、今一度己の限界へ挑戦してみたくなる。

そんな中、一通の手紙がローレンの元へ届く。

アイアンウルトラグレートボルシチマッチトーナメントへの参加をうながす手紙。

差出人の名前には見覚えがあった。

「ミスター・タイサ・・・」その因縁あさからぬ漢の名をつぶやきながら、老兵は静かにトンファーを握りしめるのであった・・・

 

格闘スタイル

シチリア式棒盾格闘術

 

必殺技

・まだら撃ち(←溜め→P・P・P・P・P)打撃技。

トンファーをうちつける技。タイミングよく入力する事で5ヒットまでつながる。

・プッシングガード(ガード中PP同時押し)

相手を押し返して、強制的に間合いを離す技。

・躊躇無き前進(←溜め→K)特殊移動技。

ガード状態のまま一気に間合いを詰める技。投げられ判定は残る。プッシングガード可。

・大喝(一定時間PP押しっぱなしにしてから離す)

距離に関係なく、相手が地上にいる場合、ガードしていても強制ダウンさせる技。

・無慈悲なる強襲(↓溜め↑PorK)上空へ飛びあがり、画面外から急降下する攻撃。

ボタンによって降下位置変化。ガード不可。上昇しきるまで完全無敵だが、着地に大きなスキができる。ダウンしている相手にもあたる。

・シネマティックトンファー(→\→K)

「メリークリスマス!」の掛け声と同時に、判定の大きな衝撃波を前方~上空に発生させる。

・風林火山(↓/←各種ボタン)特殊パワーアップ。効果は重複しない。

~風(弱P)一定時間移動スピードがあがるが、攻撃力、防御力が0.9倍になる。

~林(弱K)一定時間体力が回復しつづけるが、攻撃力、防御力が0.75倍になる。

~火(強P)一定時間攻撃力が1.5倍になるが、防御力が0,75倍になる。

~山(強K)一定時間防御力が1.5倍になるが、攻撃力が0.75倍になる。

 

超必殺技

・一点突破の極み(↓\→↓\→PP)

長いガード時間のある多段ヒット打撃。Pボタン連打でヒット数アップ。

・絶対防御の極み(←溜め→←PK)特殊パワーアップ

自分が技を出していない状態であれば、前進中でもダッシュ中でもジャンプ中でも、自動でガードするようになる。さらに自動でプッシングガードするようになる。一定時間で効果終了。

・風林火山~陰~迅雷(↓/←↓/←KK)特殊パワーアップ。

残必殺ゲージを全て使用。残ゲージの本数によって効果増減。

1本・攻撃力1・5倍 2本・さらに防御力1・5倍 3本・さらにスピードアップ 4本・さらに体力回復 5本・さらに超必殺技を討ち放題になる。

以上の効果が一定時間続く。 

・マッスルポージング(↓\→スタートボタン)挑発技

次々とマッスルポージングを繰り返す技。一応あたり判定もあるが、ダメージは極小。ローレン使いはこれでトドメをさすのがカリスマ。

 

 

キャラ性能

巨体に似合わず、キャラスピードは早い部類に入る。防御面で優秀な技がそろっているので、相手の攻めから反撃に転じる戦い方が有効。

各種パワーアップ技を駆使すれば、ガン攻めスタイルでもいけるので、意外にマルチなキャラだったりする。

 

以上、ぼくがシリーズ第6弾でした☆ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 4日 (水)

ぼくがかんがえた以下略5

どうも高橋です☆

こんなもんじゃ終わりませんこのコーナーw

我がゲーマー魂燃え尽きるまで!

Img204

名前、ミスター・タイサ

 

ストーリー

某国の元大佐。戦いの中で片足を失うが、持ち前の負けず嫌いさで、機動力をつかわずに相手をねじ伏せる格闘術「無尺」を編み出す。

結局軍は退役させられてしまうが、持ち前の負けず嫌いさで、傭兵として戦場に舞い戻る。

今回の任務は、某シンジケートの格闘大会に潜入し、内部へスパイとしてもぐりこむこと。

そしてミスター・タイサは持ち前の負けず嫌いさで、アイアンウルトラグレートデリシャスマッチトーナメントへ参加する事となるのであった。

 

格闘スタイル

「無尺」(むしゃく)・伸び縮みする仕込み杖を使用。

 

必殺技

・間合いを知る者(→↓\P)

杖を伸ばし相手を引き寄せる技。弱で前方、強で空中の相手をつかむ。非常にリーチが長くガード不能だがダメージは無い。

・見下す者(間合いを知る者中↓K)

強制的にダウン状態にさせる技。

・笑みをこぼす者(相手ダウン中↓↓K後、レバー回転でダメージアップ)

ダウン追い討ち専用技。回転しながら左足でふみつける技。

・零距離を知る者(↓\→P)打撃技

非常にリーチの短いボディーブロー。くらった相手は画面端まで吹き飛ぶ。追い討ち判定あり。

・勝利にこだわる者(↓\→K)設置系飛び道具

弱で出すと前方の地面に、強で出すと前方の空中に、触れると爆発するブツを散布する技。

・右から左へ受け流す者(↓/←K)飛び道具を受け流す技。

受け流した飛び道具は、気弾となって相手の背後から現れる。

・恐れを知らぬ者(相手の打撃技にあわせて→、下段は↓)

自分のガード硬直を無くす技。いわゆるブ〇ッキング。

・大地を穿つ者(↓↓P)特殊飛び道具

仕込杖を大地に打ち込むと、大地から気弾が撃ちあがる。弱で出すと少し前方。強で出すと相手の真下から撃ちあがる。下段技。

 

超必殺技

・負けを認めぬ者(相手の2HIT以上のコンボをくらった瞬間にPK同時押し)ゲージ2本消費。気合いで相手を吹き飛ばし、強制的にコンボを終了させる技。

ダメージは低いが、相手を画面端においつめている場合追撃可能。

・空を制す者(↓\→←→PP)対空技。

斜め上に、爆発するブツを帯状にばらまく技。追撃可。

・ハイパーワンインチ(↓\→\↓/←PP)

出が遅く画面端まで届くガード不能の打撃技。相手との距離が近ければ近い程ダメージが高い。

 

キャラ性能

機動力が低く、ダッシュができない。しかし牽制技も豊富で、遠距離で相手の機先を制する事ができる。さらに相手をむりやり引き寄せて接近戦に持ち込む事も可能。

相手にいかにプレッシャーをあたえ、画面端へと追い込むかが重要。

じわじわと相手を追い詰めたいドS様向けのキャラ。

 

以上、ぼくがシリーズ第5弾でした☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月 3日 (火)

ぼくがかんがえた以下略4

どうも高橋です☆

世間一般様はGWであるというにもかかわらず、こんな事に時間をさいている己の身を案じながらも、さらに続くよこのコーナー!

そろそろおっさんにも飽きてきたという貴兄の為に、このへんで萌えキャラ投入だ!

Img202

名前、ミスター・ネコガミ

 

ストーリー

代々ネコミミを祭る一族の末裔。第38代猫神。という設定の自己暗示にかかっている、元催眠術師。

催眠実験の途中で事故暗示、もとい自己暗示にかかってしまい、以来ネコガミとして、ネコミミ文化を守りつづけている。

ミヤコという孫娘を溺愛しているが、ネコミミをうけいれてくれないので、ネコミミの正義を世に知らしめる為に、アイアンウルトラグレートポテマヨマッチトーナメントへ出場する事を決意する。

 

格闘スタイル

催眠術+猫耳拳(柔術に打撃技を組み込んだ我流格闘術)

 

必殺技

・ネコミミラッガー(←溜め→P)飛び道具

くらった相手は一定時間ネコミミが生える。特に性能面でのペナルティは無い。

・真・猫舞(↓溜め↑K連打)対空技

自身から巨大なネコのオーラが立ち上る。多段ヒットする。

・猫ダルマ(→↓\P)コマンド投げ。

空中へ放り投げる投げ技。追撃可。

・猫ダルマ落とし(空中で→↓\P)空中コマンド投げ。

地面へ叩きつける投げ技。追い討ち可。

・催眠拳(相手ダウン中↓↓P)追いうち専用技。

くらった相手は、起き上がりにガード以外できなくなる。(無敵技などをリバーサルで出せない)

・催眠突拳(→→P)突進技。

くらった相手は、一定時間飛び道具系の必殺技がつかえなくなる。

・催眠突蹴(→→K)突進技。

くらった相手は、一定時間ジャンプできなくなる。

・シッポコプチョップ(空中で↑↑P押しっぱなし)

空中に滞空する技。ボタンを離すと高速で相手に向かってチョップをはなつ。

・荒猫召喚(→\↓/←K)特殊飛び道具

荒猫を召喚する。荒猫は独自に攻撃判定を持ち、一定時間画面上を徘徊して消える。打撃を当てて排除する事などはできない。まれに召喚した方を攻撃してくる事もある。

 

超必殺技。

・猫舞ゲイザー(/溜め←→KK連打)

前方に三本の巨大猫オーラが吹き上げる。連打によってヒット数アップ。

・虎の穴(→\↓/←×2PP)コマンド投げ。空中可。

出かかりにガードポイントがある投げ技。若干前進する。追いうち可。

・究極超絶裏催眠拳(弱P・大P・→・弱K・大K・→・大P・大P・大K・大K・↓\→PPorKK)

ゲージ2本使用。連続入力の乱舞技。最後のシメをPで出した場合、一定時間全ての必殺技を封印。Kで出した場合は、一定時間強ボタンの使用を封印する。

 

キャラ性能

移動スピードやジャンプスピードもはやく、技も一通りそろっているので使いやすいキャラといえる。ただリーチが短く、単発での攻撃力もあまり高くない。

相手の行動を制限する必殺技をおりまぜた攻めで、試合の主導権を握る戦いが可能。

追い討ち可能な技が多いので、連続技の研究が待たれるキャラである。

 

以上、ぼくがシリーズ第4弾でした☆

※一部、マンガゲットにて連載中のコウモリ氏の漫画より、無断で設定をパクッ・・・オマージュいたしております。ごめんしてください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)